1+949-356-6797 (アメリカ時間の月~金:9AM~5PM、土、日、祝休) info@ryugakuwoman.com

予約の取り方~AppointmentとReservationの違い

1.AppointmentとReservationの違いって?


”Apointment”も”Reservation”も、どちらも日本語に訳すと「予約」という意味になります。この違いなんだと思いますか?実は、10年以上アメリカにいても、なんとなく使い方はわかっていても、この違いってちゃんと説明できない人多いと思います。そこで、解説しますね。

・Appointment:人と会うときの予約をするときに使います。例えば、医者、弁護士、カウンセラーとの予約など。

・Reservation:場所(部屋、座席、テーブル)を予約するときに使います。例えば、ホテル、レストラン、飛行機チケットの予約など。

Appointmentoは人、Reservationは場所と覚えておくと便利です!

2.実際に使ってみよう!~Appointment編


(例)病院の予約をしてみよう!

留子ちゃん: I would like to make an appointment with Dr. Smith at 8 in the morning tomorrow, but is he available? (明日の朝8時にスミス先生との予約を取りたいのですが、空いていますか?)
病院の受付: I’m sorry, he won’t be available at 8, but he is available at 10? Would that be okay for you?(すみませんが、8時は空いていないのですが、10時なら空いています。大丈夫ですか?)
留子ちゃん: Yes, that would work for me. (はい、大丈夫です。)
病院の受付:Great! See you tomorrow then. (よかったです。では、また明日!)
留子ちゃん: Thank you. See you tomorrow.(ありがとうございます。また明日!)

 

3.実際に使ってみよう!~Reservation編

(例)レストランの予約をしてみましょう!

留子ちゃん: I would like to make a reservation for this Saturday at 7PM. (今週の土曜の7時に予約を取りたいのですが、、)
レストラン: For how many?(何名様ですか?)
留子ちゃん: 2 people(2人です。)
レストラン:May I have your name and phone number? (お名前をお願いします。)
留子ちゃん: My name is Ryuko Tanaka, and my phone number is 949-123-4567.(名前は、タナカリュウコで、電話番号は、949-123-4567です。)
レストラン:You are all set. (予約完了です。)
留子ちゃん: Thank you very much.(ありがとうございます。)

4.最後に


応用編として、””book”も同じく、予約するという意味で、意味合いとしては、”Reservation”と同じように使えます。ただし、”book”は動詞なので、

”I would like to book a table for this Saturday” 「今週の土曜に予約をお願いしたいのですが、、。」

となります。

ぜひ一度 "留学のプロ” にご相談下さい!

留学に関するご相談、お見積りは全て無料ですので、お気軽にお問合せ下さいね!

お問合せはこちらから