アメリカでは、クリスマスの日本のお正月に並ぶ、1年で一番大きなイベントです。元々、クリスマスはイエス・キリストの誕生を祝う祭りです。クリスマス・イブが12月24日、クリスマスは12月25日です。アメリカ人は、クリスマスはどのように過ごすのでしょうか?日本とは違うので、典型的なアメリカ人のクリスマスとお正月の過ごし方をみていきましょう!

1.クリスマスの準備


ほとんどのアメリカ人がクリスマスを祝いますので、クリスマスが近づいてきたら色々準備に追われて大忙しです。

1.クリスマスカードを送る

クリスマスカードは、必ず12月24日までに用意して送りましょう!

2.クリスマスツリーを買う

アメリカでは、クリスマスツリー用の木を生木で買う人も多いです。大きさにもよりますが、値段は、$25~100くらいします。大きいものであれば、$100以上することもあります。ツリーを買ったら、早速、オーナメントなどの飾りをつけます。

3.みんなへのプレゼントを用意する。

アメリカでは、大人も子供もみんなプレゼントがもらえます。大人ももらえるのはうれしいですが、もしも親戚が20人集まるとすれば、全員分プレゼントを用意しないといけないので、お金もかかりますし、準備も大変ですね。プレゼントが用意できたら、クリスマスツリーの下に飾っておきますよ。

2.クリスマスを祝わない人もいるって本当?


アメリカには、色んな宗教の人がいるので、キリスト教ではない人で、クリスマスを祝わない人もいることを知っておきましょう。クリスマスをお祝いしない人にクリスマスカードを送る場合は、「Merry Christmas」ではなく「Season’s Greetings」または「Happy Holidays」と書くようにしましょう!アメリカには、ユダヤ教の人も多くいます。12月にはユダヤ教の祭り「ハヌカ」もあるので、ユダヤ教の人には、「Happy Hanukkah」と言います。

3.クリスマス当日は


日本では、クリスマスイブは恋人と過ごして、ロマンチックな感じですよね。そして、クリスマスイブの晩にサンタさんが子供たちが寝てる間にプレゼントを枕元に置きます。そして、クリスマス当日は、チキンを食べて、みんなでクリスマスケーキを食べますよね。 でも、アメリカでは、、、 ・クリスマスイブはロマンチックではありません、、笑。 ・イブの番にサンタさんがプレゼントを持ってきてくれますが、枕元には置きません。 ・クリスマスディナーには、チキンもクリスマスケーキも食べません。 アメリカの典型的な当日の過ごし方は、 ・クリスマスイブの晩にサンタが来て、子供たちへのプレゼントは、クリスマスツアーの下に置いていきます。子供たちは、クリスマスイブにサンタさんに食べてもらうクッキーとホットミルクを用意して、サンタさんへの手紙も書いていっしょに置いておきます。 ・そして、朝起きたら、家族が集まって、みんなでプレゼントを順番に開けていきます。 ・クリスマスのランチ/ディナーは、あまりチキンは食べないですが、メインにターキーやハムを食べることが多いです。デザートも食べますが、クリスマスケーキは残念ながら、ありません。 ・プレゼントを開けて、食事した後は、カードゲームやボードゲームをしたり、テレビを見たり、ゆっくり過ごします。 こんな感じで、ファミリーで1日過ごす人がほとんどです。

4.お正月は何をするの?


お正月は、親戚で集まる人は少ないと思います。というのも、1月2日が月曜日であれば、1月2日から仕事が始まる人も多いからです。お正月は、日本ほどの大きなイベントではないので、若者達は、大みそかにパーティに行ったり、カウントダウンイベントに行ったりする人もいますが、子供がいる家庭では、大みそかは普通に過ごして、1月1日を迎えます。日本の大みそかや年末に慣れていると、アメリカの大みそかとお正月は、少し物足りないかもしれませんね。

ぜひ一度 "留学のプロ” にご相談下さい!

留学に関するご相談、お見積りは全て無料ですので、お気軽にお問合せ下さいね!