日本で花粉症の人は、アメリカに来るときに、アメリカだとひょっとして花粉症にならないかも?!と思ってしまいますよね。残念ながら、アメリカにも花粉症はあるんです!アメリカの花粉は、春から秋までがシーズンだそうなので、日本より期間が長そうですね。それでは、実際にカリフォルニアだと、どのエリアにどんな花粉症があるのか見ていきましょう!ちなみに、花粉症は、英語で”hay fever”と言いますよ!

1.便利なアプリで花粉症度をチェックしよう!


pollen.comというどのエリアでどのような花粉症があるのかを確認できるサイトがあるので、見てみてください。
例えば、こちらのサイトで、カリフォルニアを見てみたら、なんと、全体的に、花粉症レベルが全12段階のうち、7.3~12となっています。ロサンゼルスとオレンジカウンティは、7.3~9.6で、サンディエゴは、9.7~12ととても高いのがわかります。
具体的に例えば、アナハイムのエリアを見てみると、このようになっています。

本日の花粉症レベル:9.3
トップアレルゲン:Poplar(ポプラ), Oak(オーク), Juniper(セイヨウネズ)

2.花粉症の薬について


花粉症でよく使われるお薬を紹介しますね!他の動物アレルギーなどにも使えますよ!

・Allegra
・Claritin

3.最後に


まずは、自分にどのようなアレルギーがあるのか、まだ検査していない人は、渡米前に検査しておくと安心かもしれませんね。まだ、渡米するエリアが決まっていないのであれば、検査結果をもとに留学するエリアを検討されてもいいと思います。また、事前にどのアレルギーがあるのかわかっていれば、花粉症になったとしても、日本から合う薬を持ってきたり、対策ができるのでお勧めです。

ぜひ一度 "留学のプロ” にご相談下さい!

留学に関するご相談、お見積りは全て無料ですので、お気軽にお問合せ下さいね!