1.治安マップを見てみよう!


ロサンゼルスの治安は、エリアによってかなり違うの注意しましょう。上のリンクのページで各エリアの治安状況が確認できますので、お引越しやお出かけの際は、確認してから出かけるようにするといいですね。

治安が良くて、留学生にも人気のある場所は:
・サンタモニカ
・ビバリーヒルズ
・ウエストハリウッド
・UCLAなどがあるウエストウッド

語学学校も上記の場所にあるところが多いです。

特に、治安があまり良くない場所は:
・サウス・セントラル(ストリートギャングが多いところ)
・イングルウッド(空港のそばにあります)
・コンプトン(ギャングなどがいるスラム街)
・スキッドロウ(ホームスレイや麻薬中毒者が多い場所です)

ほとんどの語学学校が比較的治安がいいエリアにありますが、夕方になって暗くなってからは、基本的にどこでも治安が悪いと考えて行動されて下さい。

2.治安が良くないエリアの特徴


治安が悪い場所は、肌で感じることができます。目安としては、例えば、

・お店や住宅の窓やドアに鉄格子がある
・ホームレスの人がいる
・路上に止まっている車が古くて汚い
・落書きなどが多い

などの特徴があります。そういった場所に行ってしまった場合は、すぐに去りましょう。

3.アドバイス


現地の人は、夜出かける場合、徒歩やバスで出かけたりしません。必ず車やタクシーなどを利用して出かけます。日本だと、夜でも電話や徒歩で出かけることが当たり前ですが、アメリカでは、治安がいいエリアでも、暗くなってからの一人歩きやバスの乗車などはしないようにされてくださいね。また、暗くなってから出かける場合は、何人かのグループで出かけると安心です。自分の身は、自分で守りましょう。

ぜひ一度 "留学のプロ” にご相談下さい!

留学に関するご相談、お見積りは全て無料ですので、お気軽にお問合せ下さいね!