1+949-356-6797 (アメリカ時間の月~金:9AM~5PM、土、日、祝休) info@ryugakuwoman.com

アメリカの生理用品ってどんなもの?

留学前に、

・持ち物に生理用品はどのくらい持っていったほうがいいか?
・アメリカの生理用品は、一体どんなものか?

って、とっても気になりますよね!でも、なんとなくプライベートな内容で留学エージェントの担当者にも聞きにくくないですか?

そこで、お答えします!

まずは、どのくらい生理用品を持ってきた方がいいかについてですが、大体、一回の生理期間分ぐらい持ってきておくと安心だと思います。到着したら、時差ボケになったりして、長旅で疲れたりして、予定より早くいきなり生理がくることもありますので、ある程度用意しておいたほうがいいですよ。

アメリカの生理用品事情ですが、昔よりかなり良くなっています!
お勧めのものを紹介しますね、

まずは、ナプキンですが、私は、日本でいつもウィスパーを使っていたのですが、こちらのAlwaysは、かなりウィスパーに近いです。そして、買うときは、必ず、Ultra Thinで、Wing付のものを選ばれて下さいね。吸収力も良くて、漏れないです。夜は、夜用のUltra Thiinがお勧めです。

そして、タンポンですが、アメリカでは、TampaxとPlaytexの2種類が主流になっています。

両方試してみましたが、Playtexの方が個人的にはお勧めです。Tampaxの方が安いのですが、作りや安っぽい感じがして、吸収力もPlaytexの方がしっかりしていると思います。Playtexは、スポーツ用のもありますが、特にスポーツするときも、スポーツ用じゃなくても、普通のもので大丈夫だと思います。スポーツ用よりも、普通用の方が長く持ちます。

あとは、日本でいう、おりものシートですが、こちらは、Liner(ライナー)といいます。 Linerも、ナプキンで紹介した、Alwaysの「Always Thin」の edge 2 edgeと書いてあるものがとてもいいです。薄くて、よれないですし、吸収力もかなりあります。

上の三つがあれば、生理も怖いものなしです!
スーパーにも売ってますし、ターゲットやCVSなどのドラッグストアでも購入可能です。

アメリカでは、サニタリーショーツ(生理用下着)は、売っていないので、日本から多めに持ってこられることをお勧めします。

ぜひ一度 "留学のプロ” にご相談下さい!

留学に関するご相談、お見積りは全て無料ですので、お気軽にお問合せ下さいね!

お問合せはこちらから