最近、アメリカの人気ドラマを元にした日本のドラマが流行っていますよね!今回は、それを利用した勉強法をご紹介します。すでにこちらのドラマを見られた方に得にお勧めです。日本でリメイクされたドラマのストーリーは、実は、アメリカのオリジナルのストーリーとかなり似ているんです!ですので、一度、日本のドラマを見ていることによって、ストーリーがすでにわかっていますよね。その後に、アメリカのオリジナル版を見ると、多少英語がわからなくても、ストーリーが事前にわかっているため、英語に集中できるので、英単語やフレーズも頭に入ってきやすくなります。それを利用すると効果大なんです!最近リメイクされたドラマをご紹介しますね。

1.勉強法


こちらはアメリカのDVDを見る際に紹介した勉強法と同じですが、普通だと↓の2の時点でやっとストーリーがわかってくるのですが、日本のドラマを見ている場合、ストーリーがすでにわかってるので、1の時点から英語に集中してみることができます。エピソードをマスターする時間も早くなりますよ! 1.1回目は、字幕なしでどの程度聞き取れるか見てみる 2.2回目は、英語の字幕ありで見る。(ここで、ストーリーの詳細が掴めます。) 3.3回目以降は、ストーリーの詳細がわかった上で、字幕なしに切り替えて、フレーズが頭に入って記憶に残るくらい何度も見ます。 4.最終的には、見ながら、自分も同じ速さで言えるように便利なフレーズを何度も練習して、実際の生活に使えるところまでいけたら、そのエピソードは、マスターです!

2.「Suits」


(写真は、下記より引用 https://images.indianexpress.com/2017/06/suits-7591.jpg https://www.fujitv.co.jp/SUITS/) 「Suits」は、2011年にアメリカではじまった大人気のドラマで、現在は、シーズン8まで出ています。日本版は、2018年に織田裕二が主役で放送されました。 【内容】 ハーヴィーは、大手法律事務所ピアソン・ハードマンで働く敏腕弁護士。難しい訴訟を解決に導くクローザーとして一目置かれる存在だが、部下を持ちたがらず、面倒も一切見ない1匹狼だった。 そんな彼を見るに見かねた所長のジェシカは、シニア・パートナーへの昇進と引き換えに部下のアソシエイトを雇うことを命じ、仕方なくハーヴィーはアソシエイトの面接を始める。マイクはたったひとりの肉親である祖母の入院費を稼ぐため、友人の勧めでマリファナの運び屋まがいの仕事を引き受けていたが、それが警察の罠であることを見抜き、偶然ハーヴィーの面接会場へと逃げこむ。そこでハーヴィーは、マイクが天才的な頭脳を持っていることをすぐに見抜き、アソシエイトへの採用を決める。しかし、”ピアソン・ハードマン”は、ハーバード大学のロースクール出身者しか雇わない事務所。ハーヴィーはマイクの経歴を詐称することを提案し、2人は秘密を共有する運命共同体となり、数々の訴訟に挑んでいく。 (http://www.suits-tv.jp/about/index.html#storyより引用)

3.「Good Wife」


(写真は、下記より引用 https://www.tbs.co.jp/the_good_wife2019/ https://en.wikipedia.org/wiki/The_Good_Wife_(season_2)) 「Good Wife」は、2009年から2016年までアメリカで放送された大人気のドラマです。日本版は、2019年に常盤貴子が主役で放送されました。 【内容】 州検事だった夫のピーターが女性問題と収賄スキャンダルで失脚し、アリシアは家計を助けるため13年ぶりに弁護士としての仕事に復帰した。復帰を助けてくれたのはかつてのロースクールの仲間、ウィル。実はウィルに対するほのかな恋心を抱いていたアリシアは、夫ピーターとウィルとの間で心が揺らぐ。 (http://muryo-shicho.com/good_wife_finale/より引用)

4.まとめ


渡米してから、英語が全然聞き取れない人がほとんどです。ですので、渡米前からリスニング力をつけておくのがおすすめです。通学・通勤時間を利用して、アメリカのドラマを見ておくことをお勧めします。英語の教材を使ってもいいですが、アメリカの映画やドラマは、アメリカ人が普段使う生の英語が聞けるので、お勧めです!アメリカドラマは内容もおもしろいですし、はまっちゃえば、ドラマも楽しめて一石二鳥ですね!

ぜひ一度 "留学のプロ” にご相談下さい!

留学に関するご相談、お見積りは全て無料ですので、お気軽にお問合せ下さいね!